講義日誌 yasuyuki shinkai

明治学院大学文学部フランス文学科 慎改康之

バタイユのマネ論(2)

最初に大学院中間発表に関する内容紹介をやってもらった後、バタイユのマネ論に関する論文の続きを読んでいきました。最後は時間切れでバタバタになってしまいましたが、マネの絵画の「沈黙」を強調するバタイユの主張はだいたい理解してもらえたのではないかと思います。